札幌ゴスペルグループ「Love voice 」U-NOの頭の中

2015年10月、札幌のゴスペルチーム「Love voice」で歌い始めたら楽しすぎた →歌だけじゃなく踊ってみたくなり36歳でダンス習い始める→なんか人生経験のオマケ付きで ますます幸せな日常のブログ。

初の野外ライブ、トラブル、緊張感、喜び

2016年8/6.

あいの里納涼祭とう夏のイベントで歌った~

Love voice で毎年恒例イベント☆

ビアガーデン風の特設会場だでやー

 

野外ライブって・・・・・・・・・・・

声通りにくい|д゚)

 

・音響の人の調整なのか原因は不明だが、ハウリングしまくり

・ソロのマイク電源オフになってたΣ(・□・;)

 

いろんなトラブルが起こりながらも、

ほんとの意味で不特定多数、

つまりゴスペルに全く関心がないとか、

別の方の聴きに来てる人達がごっちゃの状態で歌った。

 

 

私ごとに限っていうと

・ソロのクライマックスで感極まって喉閉じる▶️音外す

・ソロのあと、ステージの移動の仕方が分からなくなり、ソロマイクで歌いっぱなし笑

・終始、自分の歌声が聞こえない💦

 

などなど…。

色々あったので

 

野外ステージ初心者の反省点 

・立ち位置はリハーサルで決めかなきゃいけないね。

 歌によって立ち位置決まることすら気づかず、動きがもっさり笑。

カッコ悪いのなんの!

 

肝心の歌は、ステージに出なかったゴスペルメンバーが駆け寄ってきて

「すげーカッコよかった!!!!」と言ってくれたり、

 

見にきてくれた姪っ子と弟夫妻も、普段のアホ面とのギャップに驚き、絶賛してくれたりして😆

練習の成果を少しは実感できた気がした。

 

メンタルと歌う技術のバランスが狂うと、

気持ちが先走っちゃって、感情込めすぎて

力んで喉が閉じる。

 

冷静になりたい!

けどまだまだ力みは取れないけど、

やるだけやったから今回はヨシとしよう笑。